老人ホームでの身体拘束について

超高齢社会になりつつある現代では、高齢者への介護をしている全ての人に向けた身体拘束ゼロの手引きが、厚生労働省から出されています。
これは深刻な問題で、老人ホームなどの介護施設でも大きな課題となっています。

まず、介護保険法で禁止されている身体拘束とは、利用者が徘徊や転落しないようにベッドに四肢を縛ったり、サイドレールで囲んで降りられなくしたりすること、脱衣やオムツ外しなどチューブを抜いたりしないようにとミトン型手袋をはめたり介護衣を着せること、向精神薬や睡眠薬を過剰に服用させること、開けられない居室に隔離することなどが挙げられます。

これが老人ホームなどの介護施設では、なかなかゼロにすることが難しいと言われています。

最先端の厚生労働省は人気のテーマです。

その理由には、介護職員の人員不足と安易な拘束による介護技術の低下や職員の意識低下があります。

病院では、やはり治療を優先させなければいけない為に、ミトン型手袋や介護衣を使用することやサイドレールで囲んでしまうことも珍しくはないようですが、どうしても緊急でやむを得ない場合には、3原則を満たしている必要があります。



利用者や回りの利用者の生命や身体の危険性が高いことという切迫性、他に代替する方法がないという非代替性、その身体拘束が一時的であるという一時性という条件があります。

老人ホームの見学情報を見付けるのに、このサイトを参考にしてみてはいかがでしょう。

そして、ご家族への説明や同意書への記入、身体拘束をしている間の記録を必ず記入することも条件となっています。

老人ホームや在宅で暮らしている高齢者が悲しい思いをしないように、これからも忘れてはいけない重要な課題だと言えるでしょう。