有料老人ホームの選び方

有料老人ホームとは65歳以上の高齢者を入所させて生活サービスの提供を目的とした入所型の施設で老人福祉施設に当てはまらないものを言います。

介護サービスの内容、介護保険が適用されるか否かによって「介護付き」「住宅型」「健康型」の三つに類型されます。

「介護付き」とは入浴、食事、排せつ等の介護が施設スタッフより受けられます。

「住宅型」では生活援助や緊急時の対応といったサービスが受けられ、介護が必要なときはホームヘルプサービスなど外部のサービスを利用することになります。

「健康型」では自立度の高い高齢者が家事手伝いや雑事についてサポートを受けながら生活できます。



では入所する有料老人ホームを選ぶにあたってどのようなことに気を付ければよいでしょうか。
まず、入所しようとしているホームの類型を把握することです。
上記のように各類型によって受けれるサービス内容が異なる為、自分の状態そして今後のことを考慮した上で入所しなければ、自分に合ったサービスを受けられないからです。



二つ目に入所および生活を続ける上でかかる費用を詳細を把握する必要があります。なぜならそれぞれの有料老人ホームによってかかる必要が全く異なるからです。

例えば入居時に数千万円払うと生きている限りサービスが受けられるところがあれば、入所時に一時金を支払い、それとは別に各月に利用料が必要なところもあります。

また月数万円払うだけで入所できるところもあるため、金銭面においても自分の支払い能力にあったところを選ぶ必要があるからです。